NHKで放送された連想ゲームの効果音の滑稽さ

NHKでクイズ番組の一環として放送されていた連想ゲームの効果音に関して、間違えた時にブザーのような不正解の音が鳴らない事が不思議であると感じました。 キャプテンがお題を出して解答者に問題を出して、解答者が答えた時に間違っている場合はチャイムの効果音が鳴ります。

ブザーの音を鳴らさない事で、間違えても不快な気分にさせない所に優しさを感じました。正解の時は正解である事を見分けやすいようにチャイムの音は鳴らさないで、直接的に司会者が正解である事を告げる所にシンプルさを感じました。 連想ゲームは最終問題で1分間でどれだけ連想できるかの問題が登場しますが、時間が経過している時にタイマーの効果音が鳴る事が面白かったです。

問題が始まって1分が経過すると、目覚まし時計のベルのような効果音が鳴って、はっきりと終了を告げた音である事を感じました。時間が経過している時のタイマーの音を聞いていると、早く答えなければならないという焦りも生じました。