面白い効果音を発見した時の喜び

私は普段、散歩に出かける時も、カフェで読書をする時にも、ヘッドフォンで音楽を聴いています。
最近は、ロックやジャズ、ボサノバなど、ジャンルを問わず幅広い音楽を聴くようにしているのですが、ふとした瞬間に面白い音を聴くことが増えたような気がします。
意識していないと、そういった音に気づくことはあまりないのですが、注意深く耳をすましていると、結構面白い効果音が使われているのです。

例えば、犬が吠えている声や、雨の音、車のブレーキ音なども、曲の合間合間に聞こえます。
先日などは、自動販売機でジュースを買った時に出る音が効果音として楽曲に入っていたのに気づき、とても面白いなと感じました。
他にも、電車の踏切音を拾っていたり、くしゃみや咳が音源としてそのまま使用されていることもあります。
レコーディングの臨場感を味わうことができるのも効果音の魅力の一つです。

今まではあまり気にしていなかった効果音ですが、一度気になると、効果音はもちろん、楽器一つ一つの音をしっかりと聴くようになり、今までの倍以上、音楽を楽しめるようになりました。さりげない演出を発見した時は、何とも言えない喜びを感じます。