欽ちゃんの仮装大賞の効果音

テレビで放送されている欽ちゃんの仮装大賞の効果音を聞いて、採点する時のプッシュ音と不合格の時の効果音に面白さを感じます。仮装が行われる時の始まりの効果音が鳴って、仮装が終了したときのプッシュ音はドレミの音階に鳴っているところが面白いです。

点数が高くなるほど高音になる仕組みが面白くて、音を聞いているだけでもドレミの音階で得点の状況がはっきりと分かる事が醍醐味です。 仮装のショーが終わった後には、必ず観客から拍手が湧きあがる所がほのぼのしていると思いました。合格した時には拍手の効果音が湧きあがりますが、合否の状況に関わらず必ず仮装が終わったら拍手をしている事が良いです。

仮装大賞で採点をする時に、14点の状態でそのまま一定の時間が経過すると不合格の効果音が鳴ってしまいますが、音を聞いていると気の抜ける感覚に陥ります。集団で頑張って披露をしたとしても、合格点に届かないで気の聞ける効果音を聞いた時には仮装に参加している人を悲しくさせる気分にする事が印象的です。