海外ドラマの効果音

笑い声の効果音って、入れ方が難しいなと思います。
バラエティ番組なんかでは拍手や笑い声の効果音は定番になっていますが、
やりすぎるとうるさくて出演者の声が聞き取りにくいし、過剰演出な感じがします。
かといって、なにもなさすぎると、面白さの演出ができないですから、つまらない印象を与えてしまいますよね。
ゲストの登場シーンや、展開が面白いところには
やはりある程度の効果音が合った方がいいのかなと。
そういう場面で、聞き心地がいいという理由だけでヒーリングミュージックやクラシックを流すわけにはいかないですしね。

私が笑い声を上手く使ってるなと思うのは、海外のコメディドラマです。
小学生くらいの時、夕方くらいの時間に教育テレビをみていると
夕ご飯の時間にちょうど海外ドラマが放送していたんですよね。
例えば「フルハウス」や「アルフ」なんかがそうです。
小さい子供の私にとって、他のチャンネルはニュースばっかりで面白くなかったので、
自然に海外ドラマにチャンネルを合わせるようになっていました。

この手のドラマって、なにか登場人物がへまをしたり、面白いことを言うと
大体笑い声や拍手の効果音が挿入されるのですが
そのタイミング、声の大きさ、声のトーンが完璧なんです。
くどい印象もないし、でもあきらかに笑っているということが分かるし。
さらにすごいのが、場面によって声の質とか、声量を細かく変えているのが分かること。
大爆笑とか、ちょっとあきれた感じの笑い声とか、声のトーンで聞き分けられるんです。
笑い声って、一種類だけじゃないですもんね。ここは日本の番組にも見習ってほしいかも。

大きくなってから、「Mr.Bean」などの海外ドラマも見るようになりましたが、
やはり効果音の挿入が上手いなという印象は変わりませんでした。
なんででしょう?外国人の声だから日本人の声とは印象が違って聞こえるんでしょうか?
それだけの理由ではないようなきもするんですけどね。
不思議です。